~ 私たちの試作・開発記録 ~

2MS3.0チューブ


バイオ、医療分野での使用を主目的に、超低温・小スペースが可能な外ネジバイアルタイプ型容器および薬液用密閉容器の開発

2MS3.0チューブ

▼クリックで画像を拡大▼

2MS3.0チューブ

2MS3.0チューブ

2MS3.0チューブ

3D
※指またはマウスで操作が可能です


ポイント:
■TUBEの口元をTPE素材にし密閉力を向上
■TUBEの底面と側面にバーコードを印字できるTPE素材の開発


オートキャップ


超低温冷凍倉庫におけるロボットアーム操作での、試料保存容器の入出庫(運搬)・蓋体開閉の自動化を目的とした開発。


オートキャップ

▼クリックで画像を拡大▼

オートキャップ

オートキャップ

オートキャップ

オートキャップ

3D
※指またはマウスで操作が可能です


ポイント:
■ロボットアームと接続可能なキャップ形状に
■キャップの開閉・運搬が可能な自動化システムの開発

VIDEO


ウィンドウチューブ


注射針をゴム性のキャップに突き刺しアクセスする 「押し栓保存容器」の 密閉性と強度の向上のための開発


ウィンドウチューブ


医療分野での応用の可能性も検証した。
保存容器の清浄度に着目し、改善を行った結果、
検査機関の生化学検査にて Dnase・Rnase、パイロジェン、ローバインディングについても問題のないことが証明された


▼クリックで画像を拡大▼

3D
※指またはマウスで操作が可能です


ポイント:
■TUBEのスリットが閉栓を維持する
■キャップキャリアにより、
バラ積み輸送時の変形・破損の回避。そのまま、キャップの閉栓ができる


Centrifuge Jacket Tube


1色で成型されていたTISSUE TUBEを2色のJacket Tubeにし、底面と側面にバーコードを印字できるようにした。


Centrifuge Jacket Tube


▼クリックで画像を拡大▼

Centrifuge Jacket Tube

Centrifuge Jacket Tube

3D
※指またはマウスで操作が可能です


ポイント:
■1色成形のTISSUE TUBEを、2色成形のJacket Tubeにし、底面と側面にバーコードを印字可能にした


CUB TUBE


TUBEの間に仕切りをいれ、TUBEをRACKに収納したときに組織が液体より浮かないようにした。
また、前後にバーコードを印字可能にした。
(※小熊のように見えることから「CUB」と名付けた)


CUB TUBE

▼クリックで画像を拡大▼

CUB TUBE

CUB TUBE

CUB TUBE

3D
※指またはマウスで操作が可能です


ポイント:
■Tubeの間に仕切りを入れた
■前後にバーコードを印字


DCS-1500


15mlの遠沈管の底面にDiscの2Dコードを付与。
スカートを付けることで自立できるようにした


DCS-1500

▼クリックで画像を拡大▼

DCS-1500

DCS-1500

3D
※指またはマウスで操作が可能です


ポイント:
■15mlの遠沈管の底面にDiscの2Dコードを付けた
■底面にスカートを付け自立できるようにした


DCS-5000


50mlの遠沈管の底面にDiscの2Dコードを付与。
スカートを付けることで自立できるようにした


DCS-5000

▼クリックで画像を拡大▼

DCS-5000

DCS-5000

3D
※指またはマウスで操作が可能です


ポイント:
■50mlの遠沈管の底面にDiscの2Dコードを付けた
■底面にスカートを付け自立できるようにした


IC TUBE 2.00


底面にICチップを入れられるチューブ


IC TUBE 2.00

▼クリックで画像を拡大▼

IC TUBE 2.00

3D
※指またはマウスで操作が可能です


ポイント:
■底面にICチップを入れられるようにした


JT-CRYOIC


JacketとTUBEの間にICチップを入れて組み立てるチューブ


JT-CRYOIC

▼クリックで画像を拡大▼

JT-CRYOIC

JT-CRYOIC

JT-CRYOIC

3D
※指またはマウスで操作が可能です


ポイント:
■JacketとTubeの間にICチップを入れて組み立てるチューブ


SAFE FIX


ROBO TUBEの蓋が開かないように固定する治具

▶ROBOTUBEについてはここをクリック◀


SAFE FIX

▼クリックで画像を拡大▼

SAFE FIX

SAFE FIX

SAFE FIX

3D
※指またはマウスで操作が可能です


2MS3.0Tube